感慨無量。

3月23日(土) 15:30〜

 

場所はヒカリエホールB。

 

RAINMAKERの岸さんセレクトによる音楽が鳴り響く中 、

 

遂にベールを脱いだAFWT 2019でのRAINMAKER初のランウェイショー。

 

ちなみにランウェイショーの様子はこちらを参照で。

www.wwdjapan.com

 

 

 

スタイリングは中兼英朗さん

 

さすが、英朗さん。

 

心の底から「カッコいい、、、、」という衝撃を与えてくれました。

 

コートの上にニットを合わせたスタイリングなんか素敵すぎます!!

 

過去のアーカイブも混じり合い、これまでのRAINMAKERの集大成を感じれました。

 

そしてショーの最後にデザイナー渡部さん、岸さんが来場者の前に現れた瞬間、なんというか感無量の極みでした。

 

皆様、本当にお疲れ様でした!!

 

 

 

 

 

さてさて、話は打って変わってランウェイショーが始まる前の準備段階に。

 

当日は12時に会場入り予定だったのですが、前日にお酒を飲んだにも関わらず緊張のせいか朝方4時に目が覚めてしまい、とりあえずランニングをして緊張をほぐすことに。

 

2時間ほどのランニングをこなしたおかげか、少しばかりは緊張の糸もほぐれ、気分も良くなり良かったのですが、家で会場入りの時間まで待つことが出来ずソワソワするばかりでしたので、いてもたってもいられなくなってしまい、一旦会社に立ち寄り気持ちを落ち着かせました。

 

事務所では来場者予定者表を再度確認し、シーティングのイメージをするために座席表と睨めっこすること小一時間。

 

そんな作業を経て、無事会場入りの時間帯を迎えることとなり、足早にヒカリエを目指します。

 

スタッフパスを受け取り裏口の専用ゲートから入場を済ませると、会場では既に着々と準備が進められており、ほぐれた緊張が再度振り返し、否応なしに高まる緊張感。。。

 

「ついにかぁ、、、」なんて思いながら、こちらもショーの準備に取り掛かります。

 

先ずは会場の下見、来場者、モデルの動線の確認、そして最後に事細かな擦り合わせなどを済ませていくうちに段々と蘇ってくるショーの感覚。

 

「これこれ、この感じ。。。」と過去のショーのことを思い出しながらコトを進めていくわけですが、初めてのこと尽くしで事前準備の大切さをマジマジと思い知ることに。。

 

インカムを用意しなかったり、カメラパスを用意し忘れたり、、、、全部バックステージパスで良いと思っていたり、ショーの様子を撮影して下さるカメラマンさんの対応だったりと、ちょいとてんやわんやしてしまいました。

 

ただ今回のショーをサポートしてくれた、ショー経験豊富なサンデザイン研究所の方々には大いに助けられました。。。

 

この場を借りて再度お礼を。

 

色々とありがとうございました!本当に助かりました。。

 

あなた達がいなかった場合を想像するだけで吐きそうです、、、、

 

さて、手慣れたサンの人たちのサポートを受けつつ、いざショー本番を迎えたわけですが、土曜日にも関わらず皆さんちゃんと来て下さり、ムロフィス一同ほっと胸をなで下ろす結果となりました。

 

 

なおショー後の囲み取材では、お二人からはRAINMAKERとして現状では今後ショーをやることを考えていないとおっしゃっていたので、当分この感覚を味わうことはないと思いますが、またその時がきたら今まで以上に全力でサポートしたいと思います。

 

次はもっと事前準備を入念にして。

 

 

嶋田哲也