新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

 

一週間の正月休みは早いもので、あっという間に過ぎてしまいましたね。

 

私はと言いますと、前の会社でインターンをしていた時代に知り合った友達に会いに、31日は熊本に行き、その友達を介して知り合った友人がオープンしたBAR「ONE MILE」で一緒にカウントダウンをして参りました。その後は大分・別府、愛媛・松山へと移動し、正月休みを大いに満喫したのですが、松山で寄らせてもらったBARで衝撃を受けたので少しそのお話を。

 

BARの名は「サントリーバー露口」。

 

f:id:hynm_muroffice:20160102215120j:plain

 

お店の詳細はググってもらうとして、ここのマスターは半世紀以上もハイボールを提供してきた言わばベテランバーテンダー

ということで、もちろん飲み物はハイボールを。

 

f:id:hynm_muroffice:20160102223208j:plain

 

居酒屋などで飲むジョッキのハイボールに慣れている私にとって、8タングラスと呼ばれる8オンスのタンブラーで出されるハイボールに少々戸惑ったのですが、いざ飲んでみるとこれが「ハイボール!?」と疑わずにはいられないくらい実に美味い味わい。

 

ソーダとウイスキーだけなのに、こんなにハイボールってこんなに飲みやすかった?と、一口飲むたびに自問しておりました。

 

 

 

またこのマスターの作り方が、実にスマート。

半世紀以上ハイボールを提供しているだけあって、動きに無駄がない。

お店の佇まいもマスターも奥様も、すべてが非常にカッコよかったです。

 

f:id:hynm_muroffice:20160102223450j:plain

 

 

少々濃いめ(マスターの奥さん曰く10~12%ぐらい)らしく、一杯目を飲み終わる頃には2軒目だったこともあり良い気分に。

 

 

どうやら人気店らしく、次から次へとお客さんと常連さんが新年の挨拶を兼ねて飲みにきておりました。

 

10席ほどしかないカウンターはすぐ埋まり、入れたのはラッキーでしたね。

 

BARの経験値が浅い私にとっては非常に勉強になりました。

 

 

 

 

 

ということで、今年も宜しくお願い致します。

 

 

嶋田哲也