さつま芋なのか餅なのか。

デサントの打ち合わせの帰り道に駅構内で開催していた九州物産展。 九州は福岡、大分、熊本の3県しか行ったことがなく、その他の県に対しても常々行ってみたいと思う地方なのですが、その物産展で個人的に惹きつけられたのがこちら。 さつま芋と餅をつき合わ…

やっぱり。

今日から東京オリンピックの観覧チケット購入の申し込みが始まった。 せっかくの機会なので、何かしら申し込んでみようかなとID登録を済ませ、チケット購入の申し込み画面に進むと、、、、 えっ???? なんと待ち時間ありの表示が。。。 ん〜、こんなに待…

偶然。

今から13、4年ほど前に遡りますが、学生時代に偶然出会った恵比寿の眼鏡屋さん「Continuer(コンティニュエ)」。 バンタンの恵比寿校舎に通っていた当時、フラフラと恵比寿界隈を散策していたら見つけたのですが、眼鏡屋とは思えない雰囲気と佇まい、そして…

理由。

ちょっとした調べ物をしていた中で見つけた「アウトドアは街の中での遊びに飽きてきた頃に、やっと『楽しいな』と思えるもの」という一言。 この一言が自分の胸に妙に突き刺さり納得する。 ひょんなことがキッカケでトレランに夢中になったことは過去のブロ…

奥三河。

先々週のことですが、4月7日(日)6:00 @茶臼山高原にて、奥三河パワートレイル2019のスタートが切られました。 今年一発目の挑戦となったトレイルランニング大会「奥三河パワートレイル」。 愛知県の茶臼山高原から湯谷温泉までを駆け巡る、距離にして約70…

思い出。

ちょっと前ですが、原宿駅前のGAPが閉店するニュースは衝撃的でした。 www.wwdjapan.com 今ではTOKYUプラザとなってしまった場所に、GAPが存在していた時代が懐かしく感じる。 交差点に面した入り口前の広いスペースや階段に、様々な格好をした人々が座り込…

ビジネス目線。

今日の午後。 alk phenixのお仕事でお世話になっているEYESCREAMの本郷さんから頂いた本。 ART GOSSIPS アート・ゴシップス ビジネス目線で見る現代アート世界 作者: 山根章(湾岸画廊) 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク 発売日: 2019/03/22 メ…

ペミカン。

角幡唯介著書の「極夜行」があまりに面白かったので、角幡さんの過去の著書を色々と購入。 アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極 (集英社文庫) 作者: 角幡唯介 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/09/19 メディア: 文庫 この商品を…

DAI語ではない。

「なぁ、なぁ」 「ジーエーピー寄って行こうぜ」 そんな会話のやり取りが、何処からともなく聞こえてきた昼下がりの原宿駅前。 「ジーエーピー??」 「はて??ジーエーピーとは、何のことやら??」 「ジーエーピーとは一体??ん〜〜」なんて考え事して歩…

実現。

その時は突然にきた。 いつかは一緒にトレランをしてみたいと思っていた方からお誘いがあり、日曜日のことですが丹沢にトレランをしに行ってきました。 ちなみにその方はというと、patagoniaのデジタルマーケティングを担当する佐々木さん。 佐々木さんは元G…

西か東か。

ここ最近のことですが、アウトドアカルチャーを知るために、気になった山岳小説は片っ端から読んでみようと心がけているのですが、その中でまだ上巻だけですが先日やっと読み終えた名作「孤高の人」。 孤高の人(上) 作者: 新田次郎 出版社/メーカー: 新潮…

4度目の開幕戦。

MLB公式ライセンスブランド「’47(フォーティセブン)」が、日本に本格上陸してから早くも4年という月日が過ぎようとしている。 www.47brand.co.jp フォーティセブンが上陸してからというもの、毎年この時期は、日本プロ野球開幕戦を目前にした前日に、【’47…

Make it Beautiful 時代と遊べ。

ellesseの創業者が唱えた「Make it Beautiful」。 直訳すると「美しいモノを創造する」という意味ですが、その言葉に現代的な解釈を加え、ellesse HERITAGEが新たなメッセージとして「Make it Beautiful 時代と遊べ。」を伝えるために、昨晩hotel koe tokyo…

感慨無量。

3月23日(土) 15:30〜 場所はヒカリエホールB。 RAINMAKERの岸さんセレクトによる音楽が鳴り響く中 、 遂にベールを脱いだAFWT 2019でのRAINMAKER初のランウェイショー。 ちなみにランウェイショーの様子はこちらを参照で。 www.wwdjapan.com スタイリング…

弱肉強食。

初めて知ったプロの掟。 スポンサーが同じなら、実力が上の選手が優先されるという真実。 その掟は好きな番組「グレートレース」見て知ったのですが、その週は自転車の【俺とお前の天空レース コロンビア マウンテンバイク458km】を特集しており、スポンサー…

仙台からの若者。

先週金曜日。 こちらでもご紹介されたGREGORYのカスタムサコッシュのローンチイベントで起きた出来事。 sp.houyhnhnm.jp ローンチイベントにはプレス関係者以外に、一般の方も20名ほど参加していたのですが、その一般参加者のカップルらしき2人組から、「お…

遂に。

明日は遂に、遂に待ちに待ったRAINMAKER初のSHOWが行われる。 ドキドキ。 ドキドキ。 ワクワク。 ワクワク。 ...。 ...。 言葉で言い表せないような色々な想いが交差。 どんなショーになるのかはお楽しみに。 嶋田哲也

違い。

ゼロドロップシューズによる、異次元の筋肉痛を体験したトレランから早くも一ヶ月が過ぎようとし、このままでは来月頭の奥三河パワートレイル70kmを完走出来る気がしないってことで、日曜日に前回同様伊豆ヶ岳方面にトレランをしに行ってきました。 シューズ…

驚愕。

DESCENTE TOKYOのB1Fフロアにある“カラダバランスチェック”というサービス。 特殊なカメラの前に立ち、3秒ほどでカラダの歪みを測定し、各部分の歪みを数値化し総合点を出してくれるのですが、点数が高い人もいれば低い人もいるわけで。 今日とある媒体の取…

しょうもない理由。

THE NORTH FACEから“旅”をテーマにした冊子「Wanderlust」が届いた。 冊子を読んでいて随分と“旅”をしていないなと思い、海外もずっとご無沙汰だ。 最後に海外に行ったのはいつだろうと考えていたら、最後に訪れたのはアイルランドだったと思う。 たしか3,4…

8日後。

アマゾンファッションウィークトウキョウで行われる、RAINMAKER初のショーに向けて、着々と準備が進む今日この頃。 アテンド以外の部分は未経験だったため、ショーの裏側のさらに裏側を知る良い経験に。 【3月23日(土) 15:30〜 @ヒカリエホールB】 期待と…

世代なんやけれども。【後編】

【前編】はこちらからどうぞ。 muroffice.blog.houyhnhnm.jp 美味しいお店の情報も仕入れたところで、目的地の武蔵中原駅に到着です。 予想通りこちらのスタンプ台もひっそりと置かれておりました。 なので、サクッとしずかちゃんスタンプをGET。 そして次な…

世代なんやけれども。【前編】

ポカポカ陽気な気温と晴れ渡る絶好の青空。 春の訪れが今すぐそこまできていることを実感できる、ランニングにはもってこいな天候だった土曜日のこと。 ARC’TERYXの谷島さんからのお誘いで、現在JRと小田急線がコラボして開催している「ドラえもんスタンプラ…

感謝。

人生とは不思議なもんだ。 ほんの些細なことがキッカケとなり、自分の人生観や価値観みたいなモノが変わった気がする。 自分にとっていえばトレイルランニング、そうトレランだ。 そもそもトレランを始めたキッカケは、ボルダリングのためにランニングをする…

実験。

先日alk phenixの19AW展示会が終了したタイミングで、19AWの展示会に並ぶ前の言わばプロトタイプのサンプルを、デザイナーの方から「色々試してみて気になった点があれば教えて下さい」ということで、10着ほどサンプルをお預かりし、それから毎日サンプルを…

どっち。

ふと思い出したことがある。 あれは1年ほど前かな。 展示会ではデザイナーさんと接する機会があるので、完成した洋服を目の前に様々な説明をしてもらえたりするのですが、EFILEVOLのデザイナー飛世さんが言っていたこと。 「洋服をデザインするときに、過去…

ゼロ。

ゼロはゼロでもゼロカロリーのゼロではなく、シューズのゼロドロップに関するお話。 恥ずかしい話ですが自分はランニングを始めるまでは、シューズにドロップ(かかとと前足部分の底の厚さの差)が付いていること自体知らないというか意識したこともなく、な…

最強。

自分にとって今年一発目のトレラン大会となる、4月7日(日)開催の奥三河パワートレイル。 距離は70kmと、今年一発目にしては中々タフな距離。 参加した人からのアドバイスを聞くかぎり、距離もさることながら前半と後半で全く印象が違うタフなコースとのこ…

細い。

盛り付ける器や皿によって料理そのものの味が変わって感じられるなんて言われますが、日本料理は特に視覚も含めて料理を味わうって言いますよね。 とまぁ、、、、、、 そんな繊細なことを抜かしておりますが、立派な日本料理を食した経験が少ないので、自分…

10×10。

お酒の業界ではハイボールに続いてお茶割りがブームになるという噂があるらしく、友人に誘われて100種類のお茶割りがある、その名も「茶割」へ、ちょいと飲みにいってきました。 事前情報も全くなく自分はお店に行ったわけですが、席に着くやいなや、縦に1…